港区

クラブ遊びと言えば六本木

港区と言えば、六本木です。

 

わたしは大学に入った19歳の頃から、クラブ遊びと言えば六本木のクレオ・パラツィーで遊んでいました。

 

残念ながらクレオは閉店してしまいましたが、クレオに変わるわたしのお気に入りのクラブは、

 

YELLOWのスタッフがリニューアルとしてオープンしたelevenという外国人がたくさん集まるクラブです。

 

ここは国際色豊かで、まるでアメリカのクラブで遊んでいるような錯覚に陥ります。

 

elevenはR&B、HIP HOP、OLD SCHOOL、SOULなど、ブラックミュージックが中心で、こういうのがお好きな人にはたまらないクラブです。

 

治安も悪くなく、セキュリティーもしっかりしています。

 

ロッカーもあるので貴重品の心配もありません。

 

ダンスフロアも広めで、思い切り踊ることが出来ます。

 

DJも一流のDJ陣が回すので、夜12時を過ぎたあたりにはお店はものすごく盛り上がり、心身ともにリフレッシュできること間違いなしです!

 

駅でいうと、東京メトロ日比谷線六本木駅西麻布1丁目方面改札2番出口から徒歩10分です。

 

詳しい住所は、東京都港区西麻布1-10-11セソーラス西麻布B1/B2となります。

 

ホームページは、http://go-to-eleven.com/です。

 

東京で最先端のクラブに行ってみたい人には、ぜひelevenに行ってみて欲しいです!

表参道駅から徒歩2分のまったりスペース

お茶はさっき飲んだばかり。でも、どこかでまったりしたい。 時間をつぶす必要が出てきた…。 なんて時には、大手下着メーカーのWACOALが運営する南青山5丁目の 「スパイラル」ビルの中2階のホールがおすすめスポットです。 下着メーカーだからといって、下着は販売していませんので、男子も堂々と入ってください。 お目当てのホールは中2階ですから、1階と2階の間にあり、吹き抜け天井で開放感にみちたスペースとなっています。 青山通りを一面に望む大きなガラス窓に面して、ブラックメタルのアームチェアが合計10個ばかり、横一列に配置されています。 利用料などはなし、チェアに腰かけ、1人で過ごしている人が圧倒的。 数年前までは穴場スポットでしたが、最近はチェアの空き率はやや厳しくなりました。 隣接して、無料のギャラリーもあり、美大やアクセサリーデザインの学校の卒業制作や気鋭の写真家の展覧会などもよく開催されていて、観賞するのも楽しいものです。 2階には、センスのいい上質な雑貨を置くショップが。 地下鉄表参道駅から徒歩2分。